エスロンタイムズ on the web

HOME > 雨とい > 雨とい技術情報 > 住宅用 > 風に対する設計のポイント


風に対する設計のポイント


 風に対する設計のポイント

台風の進路にある地域の中でも、岸辺、崖の上、山間部の谷間などの環境や、建築高さによって風の強さは異なります。 風圧力によるのきといの脱落を考慮して、支持具のピッチ及び位置を決める必要があります。


 風圧力

風圧力は、建築基準法施工例第87条により速度圧に風力係数を乗じて計算することに決められています。また、建設省告示第1454号に準じて計算します。


・地域別降の風の記録については、気象庁のホームページ等で確認してください。

http://www.jma.go.jp/jma/index.html


1. 

風圧力の算定

W = q・A 

W:

q:

A:

のきといの受ける風荷重(N)

速度圧(N/m2)

風圧荷重を受けるのきといの面積(N)
=のきといの全幅(m)×金具打ち付け間隔(m)


2.


速度圧の算定

q = 0.6 × E × Vo²

q:

Vo:

E:

 速度圧(N/m2)

その地域における基準風速(m/s)

といの取付環境により決まる高さ方向を示す係数



E=Er² × Gf

Er:

Gf:


 

平均速度の高さ方向を示す係数

ガスト影響係数

台風等の風の強弱による影響を考慮した係数を加味して計算を実施



 風圧力別支持具ピッチ

■超芯レボル

地域

建物高さ

9m未満

9~13m未満

13~31m未満

3階以下

4階以下

10階以下

 一般地域

(Vo=30~38m/S)

1000mm以下

600mm以下


強風場所

600mm以下

450mm以下

 強風地域(Vo=40~46m/S)

600mm以下

450mm以下


■UST140 ■アートフェイス系列  ■Σ90・RV105・X70U(高強度金具)

地域

建物高さ

9m未満

9~13m未満

13~31m未満

3階以下

4階以下

10階以下

 一般地域

(Vo=30~38m/S)

900mm以下

600mm以下


強風場所

600mm以下

600mm以下

 強風地域(Vo=40~46m/S)

600mm以下

600mm以下


■Σ90・RV105・X70U(一般金具)

地域

建物高さ

9m未満

9~13m未満

13~31m未満

3階以下

4階以下

10階以下

 一般地域

(Vo=30~38m/S)

600mm以下

要相談(300mm以下)


強風場所

450mm以下

要相談(300mm以下)

 強風地域(Vo=40~46m/S)

450mm以下

要相談(300mm以下)


 強風場所

下記の場所では局地的に風が強くなります。具体的な物件については詳細を弊社各営業所にお問合せください。


ページTOPへ


 参考資料


風力
階級

風速 m/sec

陸上の状況

0

0.3未満

静穏。煙はまっすぐ昇る。

1

0.3以上  1.6未満

風向きは煙がなびくのでわかるが、風見には感じない。

2

1.6以上  3.4未満

顔に風を感じて、木の葉が動き、風見も動き出す。

3

3.4以上  5.5未満

木の葉や細かい小枝がたえず動き、軽い旗が開く。

4

5.5以上  8.0未満

砂埃が立ち、紙片が舞い上がり、小枝が動く。

5

8.0以上  10.8未満

葉のある潅木が揺れ始め、池や沼の水面に波頭が立つ。

6

10.8以上 13.9未満

大枝が動き、電線がなり、傘がさしにくい。

7

13.9以上 17.2未満

樹木全体がゆれ、風に向かって歩きにくい。

8

17.2以上 20.8未満

小枝が折れ、風に向かっては歩けない。

9

20.8以上 24.5未満

人家に損害が起こる。(煙突が倒れ、瓦が剥がれる)

10

24.5以上 28.5未満

陸地内部で珍しく、樹木が根こそぎになり、人家に大損害がおこる。

11

28.5以上 32.7未満

広い範囲で破壊を伴うが、陸上ではめったに起こらない。

12

32.7以上

海上では大気に泡と飛沫が充満して、海面は吹き飛ぶ飛沫のために完全に白くなり、視界は著しく損なわれる。

ページTOPへ