エスロンタイムズ on the web

HOME > 雨とい > 雨とい技術情報 > 大型建物用 > 排水計算によりサイズを求める方法


雨に対する設計のポイント

 

のきとい、たてといのサイズは、取り付ける建物の屋根面積への降雨量をカバーできる排水量を持つ組み合わせとなります。

 

計算手順

 

1.1本のたてとい(落し口)が受け持つ水平投影面積 A(m2)を計算します。

2.水平投影面積への降雨量 Q(m3/sec)を算出します。

3.使用するのきといの排水量 Q1(m3/sec)を算出します。

4.使用するたてといの排水量 Q2(m3/sec)を算出します。

5.上記数値を元に適合性を検証します。

 


ページTOPへ

 


計算例



条件

1)降雨強度:180mm/hr

2)大型角とい:超芯P150

3)大型角とい施工勾配:1/300

4)たてとい:VP75




1.1本のたてとい(落し口)が受け持つ屋根投影面積 A(m2

 

A = a・b


=3.5×20
=70(m2
a:1本のたてといが受け持つ屋根水平奥行き3.5m
b:1本のたてといが受け持つ軒の長さ20m

 


2.投影面積 A(m2)の屋根への降雨量 Q(m3/sec)



Q = N・A


=5.0×10-5×70
=0.00350(m3)/sec
N:降雨強度180mm/hrにおける1秒間の降雨強(m/sec)5.0×10-5
A:屋根投影面積70m2

 


3.大型角とい超芯 P150の排水能力 Q1(m3/sec)



n:大型角とい超芯P150の表面粗度係数0.01
(硬質ポリ塩化ビニル管といの場合)

m:大型角とい超芯P150の平均流体深さ(m)
(m=排水断面積÷潤辺長)

i: 大型角とい超芯P150の水勾配1/300


K:流量安全係数

S:のきといの排水断面積

V:のきといの1秒あたりの排水流速
   (クッターの簡略式にて算出)

 


[参考]排水断面積とは下記の部分の
面積を示します。
潤辺長は下記の長さを示します。
 

 


4.たてといVP75の排水能力 Q2(m3/sec)

 

V2:たてといの落し口の流速(m/sec)
g:重力の加速度9.8m/sec2
h:のきといの深さ

C:たてといの流量係数0.6
S2:たてとい断面積m2

 


5.判定

以下の2つの条件を満たすことが必要です。


Q(降雨量)<Q1(のきといの排水能力)
Q(降雨量)<Q2(たてといの排水能力)

屋根への降雨量Q(0.00350m3/sec)に対して、のきといの排水能力Q1(0.00499m3/sec)と、たてといの排水能力Q2(0.00368m3/sec)が上まわっているため、投影面積70m2の屋根に降る降雨強度180mm/hrの雨水を排水することができます。

※判定がうまくいかない場合は、のきとい・たてといのサイズアップまたは、たてといを追加して受け持ち屋根面積を減らしてください。

ページTOPへ

 


組み合わせ排水量Qα(m3/sec)より適応屋根面積を求める方法

 

A:屋根投影面積(m2

Qα:大型角とい超芯P150、たてといVP75の組み合わせによる
排水能力0.00368m3/sec
(使用するたてといの排水量Q2<使用するのきといの
排水量Q1よりQα=Q2

N:降雨強度180mm/hr

ページTOPへ

 


参考資料

 

1.降雨強度とは

  降雨強度とは、単位時間の降雨量を1時間あたりに換算したものです。
例えば、15分間に10mmの降雨があった場合の降雨強度は、40mm/hr(10x60/15)に
なります。

 

2.日本の降雨量

  セキスイでは、日本各地における降雨強度を以下の基準で設定し、大型雨といには排水計
算上、基準2の180mm/hrを使用しています。


 

3.排水能力基礎資料

 

 

4.たてといの排水断面積


ページTOPへ