エスロンタイムズ on the web

HOME > 雨とい > 雨とい技術情報 > 大型建物用 > 風に対する設計のポイント




風に対する設計のポイント

 

台風の進路にある地域の中でも、岸辺、崖の上、山間部の谷間などの環境や、建築高さによって風の強さは異なります。 風圧力によるのきといの脱落を考慮して、支持具のピッチ及び位置を決める必要があります。



風圧力


風圧力は、建築基準法施行令第条87条により速度圧に風力係数を乗じて計算することに決められています。また、建設省告示第1454号に準じて計算します。


(1)風圧力の算定

[ W=C・q・A ]

W:のきといの受ける風荷重(N)
C:風力係数
q:速度圧(N/m²)
A:風荷重を受けるのきといの底面積(m²
=のきといの底幅(m)×金具打ち付け間隔(m)

(2)速度圧の計算

[q=0.6×E×Vo²]

q:速度圧(N/m²
E:樋の取付環境によって決まる高さ方向を示す係数
Vo:その地域における基準風速(m/s)(下図参照)

[E=E r²× GF]

Er:平均風速の高さ方向を示す係数
Gf:ガスト影響係数


(台風等の風の強弱による影響を考慮した係数を加味して計算を実施)




 最新の地域別風速については気象庁のホームページ等で確認してください。



(1)建築高さによる速度圧の変化

(2)地域環境による速度圧の変化

・海岸部(海岸線より1km以内)
・山頂高台(GLより10m以内)
・山間部谷あいの風道に鳴る場所

上記の場所では局地的に風が強くなります


[ 海岸より1km以内 ]


山頂高台(断崖)

山間部谷間 ]



[ 風よけのない田園地帯 ]


ページTOPへ



風圧力係数と支持具ピッチ


風圧力と支持具ピッチの関係は下表の通りです。



超芯V200 軒樋金具ピッチ



軒樋施工の高さ

3m

9m

13m

31m

 基準風速

1階相当

3階相当 

4階相当 

10階相当 

 Vo=30~38m/secの地点

1000mm以内 

600mm以内


(強風地域)

600mm以内

500mm以内

 Vo=40~46m/secの地点

600mm以内

500mm以内


超芯V300・V500軒樋吊り金具ピッチ



軒樋施工の高さ

3m

9m

13m

31m

 基準風速

1階相当

3階相当 

4階相当 

10階相当 

 Vo=30~38m/secの地点

1000mm以内 

600mm以内


(強風地域)

600mm以内

500mm以内

 Vo=40~46m/secの地点

600mm以内

400mm以内


超芯V300・V500軒樋受金具ピッチ

超芯P150・P250・P300・P5001吊金具ピッチ



軒樋施工の高さ

3m

9m

13m

31m

 基準風速

1階相当

3階相当 

4階相当 

10階相当 

 Vo=30~38m/secの地点

600mm以内 

500mm以内


(強風地域)

600mm以内

450mm以内

 Vo=40~46m/secの地点

500mm以内

300mm以内


※「強風地域」についての詳細は、建築基準法施工令に定義されていますが、目安として、概ね以下の地域が該当します。


  ・海岸部(海岸線より1km以内)

  ・山頂高台(GLより10m以上)

  ・山間部の谷あいの風道になる場所

  ・風除けのない田園地帯


※強風地域や通風の頻繁な地域等では、折版屋根材への取り付けの場合、必要に応じフラットバー等での補強やダブルナット等で緩み対策をおこなってください。


折版屋根へののきとい金具取り付けにおいて、取り付け部分の強度不足は
のきといの蛇行・のきとい接続部の破損やのきとい脱落の原因となります。


ページTOPへ