エスロンタイムズ on the web

HOME > 雨とい > 雨とい技術情報 > 大型建物用 > 雪に対する設計のポイント



雪に対する設計のポイント



雪対策は支持具取付け間隔・のきといの位置がポイント


積雪による雨といの破損は、美観のみならず安全性の面からも阻止しなければなりません。積雪荷重によるのきといの脱落、割れ、のきとい支持具の屈折等のトラブルを防ぐため「支持具の装着、取り付け間隔、のきといの取り付け位置」を十分に考慮した積雪対策が必要です。




1.積雪荷重と垂直最深積雪量


積雪荷重の計算は建築基準法施工令第86条により「積雪荷重は積雪の単位重量にその地方における垂直最深積雪量を乗じて計算しなければならない。...(以下略)」

またその地方における垂直最深積雪量は、前項第86条第3項に定めた数値「垂直最深積雪量は実況に応じた数値(特定行政庁が規則でその数値を定めた場合においてはその定めた数値)としなければならない。...(以下略)」とされています。


ページTOPへ

 


2.屋根タイプによりのきといが受ける負荷重

 

屋根上の雪のすべり具合(屋根勾配、屋根材)、たまり落下(軒先入り隅谷部、軒先曲げスレート、折板)によりのきといの受ける荷重は異なります。

※支持具ピッチは条件により影響を受けますので、取付けには十分ご注意ください。




3.雪対策


(1)地域別支持具取り付け間隔


各地域の垂直最深積雪量に応じて下表を参照してください。なお、中、多、豪雪地域では必ず屋根面に「雪止め」を取り付けてください。


カーボンシリーズの特徴



(2)施工上の注意


a.のきとい位置 b.番線固定 c.雪がたまりやすい所
1)のきといの前耳部をできるだけ下げる
2)のきといの前耳部を軒先の方へ引く

じょうごを番線で固定してください。 1)軒先入り隅部谷間
2)北、西側軒先
これらは、支持具間隔を狭くして取り付けてください。
カラーベスト屋根

 



【参考】各屋根の補強(例)


1.「雪止め」はできるだけ高く、数段取り付けてください。

2.フラットバー等で補強する方が安全です。



ページTOPへ