エスロンタイムズ on the web

HOME > 雨とい > 雨とい技術情報 > 大型建物用 > 超芯部品の取り付け




大型角とい超芯シリーズの施工

部品の取付け



1.落し口


1.自在ドレン


ドレイン間20mの間には伸縮ジョイントが必要です。

1)のきといの自在ドレン取り付け位置にホルソーで穴をあけてください。

2)ドレンのキャップと落し口のツバにエスロン雨とい用接着剤No41を塗ってください。

3)ドレンとたてといを確実に接着し、奥川へ挿入してください。



2.じょうご


1)じょうごを中心に350mm間隔で支持具をセットしてください。


2)じょうご内は必ず切断し、じょうご長さの1/3をあけてください。


3)のきといの両端にストッパーを接着してください。


4)後耳を掛けてから、じょうごを押し上げるようにして前耳をはめてください。


ページTOPへ


 


2.ジョイント


1.ワンタッチ式 · ツメ式

 

1-1)ワンタッチ式(V200·300·500)

 

・接着剤は二条を紐状に切れ目なく塗布します。

 
1-2)爪式(P150·250·300·500、V500)  
・接着剤は二条紐状に切れ目なく爪に沿って塗ってください。

・後耳を確実に掛け、接着剤をかき落とさないように前耳を手前に引くようにしてはめ込んでください。


1-2)爪の奥まで差し込んでください。



(注)支持具とジョイントは100mm以上離してください。



2.伸縮ジョイント

伸縮ジョイントの基準は軒先長さが20mを超える場合、20m毎に1ヶ、取り付けてください


 2-1)接着剤は上記ジョイントと同じように塗ってください。

 ※スライド部には接着剤を塗らないでください。



 2-2)後耳を確実に掛け、接着剤をかき落とさないよう、手前に引いてはめてください。



 2-3)位置決めクリップを施工完了後に外してください。



ページTOPへ


 


3.注意事項


a )じょうごとのきといは絶対に接着しないでください。

b )自在ドレン、ジョイント、伸縮ジョイントは確実に接着してください。

c )基準に従って必ず伸縮処理をしてください。


ページTOPへ