エスロンタイムズ on the web

HOME > エクステリア > クレガーレ > ご注意とお願い

セキスイ床化粧材「クレガーレ」

●風による影響を受けやすい場所での使用は、風圧により「クレガーレ」が飛散する恐れがありますので、施工の可否や飛散防止の方法等についてはメーカーにご相談下さい。
 

     【風の影響を受けやすい場所】
    ●バルコニーの周囲の手すりに風の吹きこむスキマがある場合
    ●戸建て住宅の屋上
    ●ルーフバルコニー等、大面積で使用する場合
    ●高層住宅のバルコニー
    ●そのほか風による影響を受けると考えられる場所

●階下への避難ハッチの上には施工しないで下さい。

 

●駐車場や駐輪場など、自動車、自転車、オートバイ、重量のある台車など通る場所には使用しないで下さい。

●切断・敷設の際は施工手順の通りに行い、指つめ・手指の切り傷・はさみ込み・切り粉による目の負傷に注意し、施工して下さい。

●「クレガーレ」を切断する際はコンパネなどを敷き、床面に傷がつかないように作業してください。床面を傷つけますと漏水の原因となる恐れがあります。

●「ブリックタイル」・「スムーズタイル」・「テラタイル」・「モノタイル」・「リンクトーン」を連結する際、ハンマーで叩くとタイルが割れることがあります。ご注意下さい。

●床表面がウレタン防水の場合はクレガーレの設置可否がありますのでお問い合わせ下さい。

●撤去に伴う修繕工事の際には端部カバー材の取り外しが必要になることがありますが、一度撤去した端部カバー材は再利用することはできません。再設置の際には改めて端部カバー材の購入が必要となります。
(また、仮固定に使用するブチルテープの跡が残る場合があります。)

●「端部カバー材」を切断した際はカエリがないよう必ずヤスリ等で切断面を丸く仕上げて下さい。カエリがありますと切り傷などのケガの原因になります。

●施工後は必ず残材の整理・清掃を行なってください。残材が残っていると、排水孔につまったり、床面を痛めたりします。

●床表面を傷つけたり、破損した場合はかならず施工された工務店・住宅会社・防水処理業者に連絡して補修して下さい。

●マンションなどの大規模修繕工事などでは、バルコニー床材の移動または一時撤去を求められる場合があります。

 

 

●本製品の上で、火を燃やしたり加熱したりすると、燃えたり変形したりしますので絶対にしないで下さい。
 

<歩行に関して>
●雨のあとや散水のあとは、表面が滑りやすくなりますので、歩行には十分ご注意下さい。
●履き物によっては表面が滑りやすくなりますので、歩行には十分ご注意下さい。
●夏の高温のもとでは、表面が高温になり、素足で歩くとやけどをする恐れがありますので、履き物を着用の上、歩行して下さい。

<破損・割れに関して>
●タイルが割れた場合にはすみやかに掃除して下さい。タイルの破片により、足などを切る恐れがあります。また、防水層をいためることで漏水の原因となる恐れがあります。
●「ブリックタイル」・「スムーズタイル」・「テラタイル」・「モノタイル」・「リンクトーン」の上に物を落とさないようにして下さい。衝撃でタイルが割れる原因となります。
●「クレガーレ」に灯油、ガソリン、有機溶剤などが付着した場合には、放置せずすぐに拭き取って下さい。

 

 

■「涼感タイル」の特性

本製品に使用されているタイルは細やかな孔を持つことで水を吸収し保持する機能を持ちますが、タイル表面に細やかな凹凸がある為、汚れやすい性質を持ちますので、こまめなお手入れが必要です。
 
●水を吸収し保持する機能を持つ為、排水溝付近、植木鉢周辺、室外機の排水部等、湿った状態が長時間続く場所では、カビ、コケ等が発生することがあります。
●汚れ、カビ、コケ等が水を吸収する孔をふさぐと、機能が低下しますので、下記のお手入れ方法にしたがって清掃して下さい。

 
■「涼感タイル」のお手入れ

1.通常のお手入れ
(汚れがこびりつくと除去しにくくなりますので1週間に1度を目安にお手入れして下さい。)

●製品表面いついたゴミ、ホコリ、土汚れは、ほうきなどで取り除いて下さい。
●こびりついた汚れは、たわし、またはデッキブラシを使って水洗いして下さい。
●それでも落ちないない場合は中性洗剤をたわしやデッキブラシに含ませ汚れを落として下さい。なお、製品表面および下地に潜在が残らないよう、最後に水で十分に水洗いして下さい。

2.がんこな汚れのお手入れ

●がんこな汚れは、中性洗剤で浸け置き洗いを行なって下さい。

3.カビ、コケが発生した場合のお手入れ

●カビ、コケが発生した場合は、次亜塩素酸系洗剤(推奨:カビハイター)で浸け置き洗いを行なって下さい。

✽当社標準品以外の使用及び標準施工以外の施工に関しては、保証いたしません。