エスロンタイムズ on the web

Rifare EX−セキスイ合成木材「リファーレEX」

ご注意とお願い

施工上のご注意
 警告
 
風を受けやすい場所での使用は、風圧により本製品が飛散する恐れがありますので、施工の可否や飛散防止方法などについて当社にご相談ください。
 
 【風の受けやすい場所 ※必ずご相談ください。】
 ●バルコニーの周囲や手すりに風の巻き込む隙間がある場合。
 ●戸建て住宅の屋上
 ●ルーフバルコニー等、大面積で使用する場合。
 ●高層住宅のバルコニー
 ●その他風の影響を受けると考えられる場所
 
階下への避難口や避難ハッチなどの上には施工しないでください。
ユニットを切断する際は、切断位置に固定ビスがかかっているかどうかを確認の上、かかっている場合は必ずビスを外してから行なってください。ビスを外さずに切断しますと鋸刃がビスに接触し、大けがの恐れがあります。また、丸鋸など電動工具を使用して施工する場合は電動工具の取扱説明書に従って安全に作業してください。

注意

駐車場、ガレージ、駐輪場など、自動車、自転車、オートバイ、重量のある台車などの通る場所には使用しないでください。
施行前にはバルコニー床面のゴミや砂を十分に取り除いてください。取り除いていないと防水面を傷つけ、漏水の原因となる恐れがあります。

切断、敷設は施工手順の通りに行い、指つめ、手指の切り傷、はさみ込み、切粉による目の負傷に十分注意してください。

本製品を切断する際はコンパネなどを敷き、床面に傷がつかないように作業してください。床面を傷つけますと漏水の原因となる恐れもあります。もし、床面を傷つけたり、破損させた場合は必ず施工された工務店、住宅会社、防水処理業者に連絡して補修を行なってください。

切断したユニットを使用して敷設する際、合成木表面材と樹脂製枠体を固定しているビスが1本以下になる場合は、固定箇所が2ヶ所以上になるよう樹脂製枠体の裏面よりステンレス製タッピングビス(M 3.5XL16)を用いて固定してください。
ユニット縦方向の切断は、指定の切断位置で行い、敷設には指定の部分を使用してください。誤って切断、敷設しますと製品の割れ、亀裂を発生する恐れがあります。
施工後は必ず残材の整理、清掃を行なってください。残材が残っていますと、残材が排水孔につまったり、防水層を炒めたりする恐れがあります。

 

 「端部カバー材」・「端部カバー材L型」施工上のご注意

警告

「端部カバー材」はバルコニーの風の吹き込みのある部位に使用し、強風時の「ジョイントデッキ」のバタツキを抑制する部材です。但し、15階(高さ45m)を超えるか50m2を超えるバルコニーに使用する際は当社までご相談ください。

「端部カバー材L型」を風の吹き込みのある部位に使用しないでください。「端部カバー材L型」は「ジョイントデッキ」端面を美しく仕上げる化粧部材で、強風時の「ジョイントデッキ」のバタツキを抑制する機能はありません。

注意

「端部カバー材」はコンクリート、モルタル床面専用部材です。それ以外の床面に使用する場合は当社までご相談ください。特に床表面が防水層で塩ビシート、ウレタン、FRPなどの樹脂系の場合、ブチルゴムによって侵され、防水機能を損なう恐れがあります。

「端部カバー材」はブチル両面テープによって床面と固定します。固定前には必ず床面のホコリ、汚れ、水分などを完全に取り除いてください。

「端部カバー材」及び「端部カバー材L型」を「ジョイントデッキ」本体に固定する際はドリルで下あなをあけ、付属のM 3.5XL16のステンレス製タッピングビスを使用して固定してください。また電動工具やドライバーでの固定の際はトルクが強すぎたり、強く締めすぎたりしないようご注意ください。製品が破損する恐れがあります。

施工にあたっては製品に同梱の施工説明書(施工、使用上のご注意)の内容を必ずお読みください。


使用上のご注意

警告
 
本製品の上で火を燃やしたり加熱したりすると、燃えたり、変形したりしますので絶対におやめください。

注意
 
雨天時、雨上がり、散水のあとなど、製品表面が濡れている場合は滑りやすくなりますので、歩行には樹分ご注意ください。

履物によっては表面が滑りやすくなりますので、歩行には十分ご注意ください。

夏場は表面が高温になり、素足で歩くとやけどをする恐れがあります。履物を着用の上、歩行してください。
本製品の上に鉄製の椅子、テーブル、空き缶、釘などを直接置かないでください。放置したまま水に濡れますと表面にシミを生じることがあります。
本製品に灯油、ガソリン、有機溶剤などが付着した場合には、放置しないですぐに拭きとってください。放置しておきますと変色や変形の恐れがあります。
本製品の上に重量物を落としたり、傘などの先の尖ったもので突いたりしないでください。割れ、へこみ、傷の原因となります。
塗料による塗装はおやめください
下地に不陸がある場合は床材表面に段差やガタつきが発生する場合があります。ご注意ください。

当社標準品以外の使用および標準施工以外の施工に関しては、保証いたしません。